ビューティ情報『【体幹ウォーキングのススメ】金さん指南! 運動効果を上げる正しい歩き方・階段ののぼり方』

2018年5月17日 10:30

【体幹ウォーキングのススメ】金さん指南! 運動効果を上げる正しい歩き方・階段ののぼり方

職場との往復や買い物のときなどでも、移動手段である“歩行”をしながら運動不足を解消できるのが、プロ・ランニングコーチの金哲彦さんが教える「体幹ウォーキング」です。肩甲骨と背骨、骨盤の”体幹“を意識した歩き方で、運動効果が上がるだけでなく、カラダへの負荷も減らすことができます。

前編に続き、後編は「実践編」として、金さんにご指南いただきます。

運動効果を上げてカラダへの負荷を減らす、正しい歩き方

目次

・運動効果を上げてカラダへの負荷を減らす、正しい歩き方
・疲れるのは、のぼり方のせい?階段で意識すべきことは
・運動不足解消で始めたウォーキングから、広がる楽しみ
walking_02

長時間パソコン画面を見つめ、スマホを見ながらあるくこともあって、現代人の歩く姿勢は猫背気味だそうです。肩甲骨や骨盤など必要な部分を上手に動かさないと、脚だけで歩くことになって疲れやすくなってしまいます。また、腹筋が弱いとおなかが出たような姿勢になるため、背中から腰に過度な負担がかかってしまいます。

歩き方の悪い例1
bad_MYL5090-1

スマホを見ながら歩いている人は、たいていこのような姿勢です。肩甲骨を動かさないため、骨盤がうまく使われず、足先だけで歩くので疲れやすくなります。

歩き方の悪い例2
bad_MYL5165

腹筋の弱い女性に多い歩き方。丹田(おへその下あたり)に力が集まるように意識すると重心が上がってカラダが安定し、脚を骨盤から動かすことができます。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.