ビューティ情報『あなたの不調の原因は何?「気・血・水」バランスチェック』

2018年6月13日 20:30

あなたの不調の原因は何?「気・血・水」バランスチェック

また、忙しかったり、加齢に伴っても気が不足します。体を温め、気を補うものを摂ります。

食材では、豆類、ヤマイモなどのいも類、牛肉、鶏肉、豚肉、えび、うなぎ、穴子、鯛、鮭、まぐろ、たら、かつお、もち米、くるみなどがおすすめです。また、 薬味ではカラダを温め、消化も助けるショウガを活用しましょう。胃腸の働きが衰えているときには、同じ食材でも蒸したり、スープなど消化しやすい調理方法を工夫しましょう。

逆に、脂っこい食事など消化しにくいものや、生ものや冷飲食など胃腸を冷やす食べ物は要注意です。また、食べ過ぎや夜遅い食事は胃腸の負担になって、気虚が益々進むので、腹八分目を守りましょう。

B:気滞タイプ=気の流れを良くする香りのあるもの
shutterstock_315108524

気が停滞しているときは、 香りのある食材で気の巡りをよくするものがおすすめ。また、ストレスなどで自律神経の働きが乱れているときは、酸味を積極的に取り入れましょう 。

食材では、香味野菜(シソ、三つ葉、春菊、セロリ、パセリ、ミントなど)、柑橘類、梅干し、レモン、酢のものなどがおすすめです。色々な料理にお酢をちょっとかけるのも手軽です。

気がうっ滞しているときには、ストレッチなどの体操でカラダ全体を動かすことで、食材の効果も高まります。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.