ビューティ情報『体をコントロールする甲状腺。正常ではないときに起こる9つの症状』

体をコントロールする甲状腺。正常ではないときに起こる9つの症状

2018年6月20日 20:00
 

「なにかうまくいかなかったらそれは甲状腺のせい」というマーフィーの法則を新たにつくりたいくらい、甲状腺は影響力があります。甲状腺は、のどのつけねにあるとても小さい蝶のような形をした腺のことで、食欲、エネルギーレベル、体温などたくさんのものを制御しています。普段なら気にしないようなところですが、正しくはたらいていないときにはいろいろな症状があらわれるので無視することはできません。

体をコントロールしている甲状腺

症状のくわしい説明に入る前に、まずはすこしおさらいをしてみましょう。甲状腺とは内分泌腺でT3とT4という二種類のホルモンを作っています。このホルモンが、体がどのくらいエネルギーを燃やすか、ストレスホルモンへどう反応するかなどをコントロールしています。

アメリカ内分泌学会の会長も努めたR.マック・ハレル医学博士によると、この甲状腺が正しく機能しなくなっておきることがいくつかあるそうです。そのうち、ひとつは甲状腺機能亢進症(ホルモンが過剰に生成されている状態)です。そしてもうひとつは反対のホルモンが十分に分泌されない甲状腺機能低下症です。では甲状腺による症状はどういったものがあるのでしょうか。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.