ビューティ情報『外反母趾も骨盤の歪みも。「距骨(きょこつ)」マッサージでバランス改善[前編]』

2018年7月17日 14:15

外反母趾も骨盤の歪みも。「距骨(きょこつ)」マッサージでバランス改善[前編]

人間の足首の真ん中に、「距骨(きょこつ)」という小さなハート型の骨があることをご存じでしょうか。足と脚をつなぐ滑車のような働きをする距骨は、立つ・歩くといった人間の動作の土台となる大切な部位。

この距骨がズレたり歪んだりすることで、全身にさまざまな不調が起こります。慢性的な膝や腰の痛み、肩こり、外反母趾、下半身太りや冷え性……ひょっとするとそれは、距骨の歪みが原因かもしれません。

今回は「距骨調整」のスペシャリストである、柔道整復師の志水剛志さんに取材。距骨を整えるセルフマッサージや、自分の「歪みパターン」を知る方法を前後編でご紹介します。

距骨はすべての動きの土台

目次

・距骨はすべての動きの土台
・「距骨調整」の基本は3つのマッサージ
・「距骨調整」マッサージのコツは?
kyokotsu_01

日本で初めて「距骨調整」を提唱し、原因不明のカラダの痛みを訴える多くの患者を助けてきた志水剛志さん。長年にわたり外反母趾の治療に携わるなかで、これまで医療や整体の世界で見過ごされてきた距骨の重要性に気がついたといいます。

「距骨は足の骨のなかで唯一、筋肉にくっついていない骨。筋肉はカラダを動かすだけでなく、体重を支える役割もあります。なのに、どうしてカラダを動かしたり姿勢を支えたりする足首の距骨に、筋肉がついていないのか……。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.