ビューティ情報『「サウナ大使でしょとか言われて…」マンガ家・タナカカツキさんインタビュー #サウナがキテる』

2018年7月17日 16:30

「サウナ大使でしょとか言われて…」マンガ家・タナカカツキさんインタビュー #サウナがキテる

目次

・「ととのう」が生まれるまで
・もうサウナがないと生きられない
・初心者が「ととのう」ためには?
・タナカカツキさんが考える理想のサウナ
・「凍ってる水風呂入ってくださいって」
・最終的には、サウナに行かずにととのう
・年に1回もサウナに入らない日本サウナ・スパ協会の会長
・タナカカツキさんのサウナBEST3は?
・サウナを誤解してる人が多い!
201807_sauna3_1
イラスト/ほりゆりこ
「タナカカツキ先生の話を聞いたあとは必ずサウナに入りたくなる」とは、親交の深い編集者の言葉。大まじめなのにとにかくおもしろい、タナカカツキさんのサウナトーク。第1回、第2回ではご紹介しきれなかったエピソードを、タナカカツキさんの語り口のままお届けします。

「ととのう」が生まれるまで

201807_sauna3_2

サウナにハマったのはたまたまでした。当時「ととのう」という言葉で言語化されてはいなかったんですが、最初にととのったときは、ポジティブなものなのか、ネガティブなものなのかもわからない。ただなんか、いま変わったぞと。それが頻繁に起こるようになって、サウナのせいだと気づいたんです。

「ととのう」のはのぼせるのとは違います。気持ちいい要素もありますが、ひとつの言葉では形容できない。一番近いのは“恍惚”だと。最初のサウナエッセイ『サ道』を書いたときは、ずっと恍惚という言葉を使っていたんです。

でもしばらくしてサウナ仲間と出会うようになり、話してみるとみんな“あのときの感じ”を持っているわけですよ。で、ある有名プロサウナーが「なんか整うんだよね」みたいなことを言ったときに、全員「それ!!」ってなったんですよね。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.