ビューティ情報『「サウナ大使でしょとか言われて…」マンガ家・タナカカツキさんインタビュー #サウナがキテる』

2018年7月17日 16:30

「サウナ大使でしょとか言われて…」マンガ家・タナカカツキさんインタビュー #サウナがキテる

そこから「ととのう」という言葉が生まれて、だんだん広まっていったんです。

もうサウナがないと生きられない

201807_sauna3_3

サウナにハマって通い続けたのは、やっぱり探求でしょうね。どうしたらもっとよくなるんだろう、一番効率的に整うにはどうしたらいいんだろうっていう。自分をモルモットにして人体実験していたんです。

いまではサウナに入ってなかったときって、どうやって生きてたんだろうっていうくらい。睡眠や食事と同列です。魅力というか、ないと生きられないレベル。だから、それはまずいと思って警戒はしているんですよ。サウナで死んだらやばいし。サウナ大使がここで死んだらやばいじゃないですか。だからめちゃくちゃ距離をとっているんですよ。いつも客観的に眺めるようにはしています。でないと危ないくらいの勢いがあるのがサウナですね。

サウナは人の生活に入ってくる。サウナの力は習慣の力。一度ハマった人は、サウナに入らない人生に戻るのは難しいと思います。

初心者が「ととのう」ためには?

「気持ちいい」状態というのは、自分で決めるものですよね。たとえば恋を説明するのは難しい。あの気持ちよさは体験ですりあわせるしかありません。「ととのう」

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.