ビューティ情報『眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法』

2018年7月4日 07:20

眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

眠れない夜に、寝返りを打ちながら一晩過ごすのは本当に辛いですよね。ほとんどの人がそんな経験あるはず。『コンシューマー・レポート』(Consumer Reports、アメリカで200万人の購読者を持つ月刊誌)の2016年の調査によると、全米で推計1億6400万人もの人が、すくなくとも週に1回は眠れないと感じているとのこと。不眠症だと次の日に疲れが残ってしまうだけではありません。慢性的に睡眠が足りないと、健康そのものに悪い影響が及ぶのです。

目次

・電子機器を遠ざける
・ベッドから出てみる
・寝る前にヨガをしてみる
・すくなくとも週に数回は運動を
・テレビの見すぎは避ける
・寝る前のルーティーンを作ってみよう
・暗算をしてみる
・安心して眠れる寝室を作る
・かかりつけの医師にメラトニンについて相談してみよう
・睡眠のスケジュールを守る
・トリプトファンが豊富な軽食を食べる
・マグネシウムが豊富な食べ物をもっと食べる
・ペットと一緒に寝る(ベッドの中ではなく)
・耳栓を使ってみる
・カモミールティーを飲んでみる
・セラピストに相談を


睡眠16_0

睡眠不足が続くと、身体の免疫システムのはたらきが弱くなってしまい、病原菌と戦うことも困難に。イライラや落ち込み、不安など、気分を変化させるトリガーにも。また、睡眠不足だと体重が増え、心臓病や高血圧、2型糖尿病となるリスクが増加し、なんと余命までも短くなってしまう、ということが研究によって明らかになりました。

一方、よい睡眠習慣があると健康面で次のすべてがよくなります。記憶(情報を記憶し、保持するための新しい神経回路を作るには、脳の休息が必要なので)、精神状態(休むことで感情をコントロールしたり、問題を解決したり、よい決定をすることができる)、ホルモンの調節、そして治癒力。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.