ビューティ情報『肌のエイジングはビタミンAの欠乏症!? 医師が語るそのワケ』

2018年7月24日 21:45

肌のエイジングはビタミンAの欠乏症!? 医師が語るそのワケ

目次

・皮膚の老化は、ビタミンAの欠乏症
・肌の健康にビタミンAは必要不可欠
・どのように取り入れる?
20180724_vitaminA_1
image via shutterstock
ビタミン類が重要だと分かっていても、「なぜ、大事なのか」と聞かれると、すぐには答えられないという方も多いのでは。

今回取り上げるのは、紫外線などの光を浴びると急速に壊れてしまうというビタミンA (レチノール誘導体)。 世界70ヵ国、国内1,800箇所以上の医療機関やエステティックサロンで採用されているメディカルコスメ・ENVIRON(エンビロン)の開発者であり、形成外科医のデス・フェルナンデス先生と、皮膚科医の堀内祐紀先生にお話をうかがいます。

デス先生 「約40年前、オゾンホールの問題が深刻化し、私は2名の患者を皮膚ガンでなくしました。皮膚ガンをどうしたら予防できるのか、図書館でさまざまな文献を読みました。1980年に、学術論文誌インデックスメディックスをひも解くと、『ビタミンAはDNAをコントロールしていて、皮膚の健康な成長を維持している』とわかったのです。ビタミンAは、健康な表皮の形成をサポートし、肌のハリや潤いを保ち、紫外線から肌を守ってシミやシワを防ぐと言われます。また、ビタミンAの代わりというものは存在しないことも明らかになりました」

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.