ビューティ情報『プールで子どもにさせてはいけない12のこと』

2018年7月27日 07:20

プールで子どもにさせてはいけない12のこと

CDCによれば、外耳感染症(「水泳者の耳」と呼ばれる)は、子どもに非常によくみられ、年間250万人が病院を受診しています。予防するには、泳いだ後は子どもの耳をかたむけ、耳から水をできるだけ出してからタオルでよく乾かしましょう。

4. 管理されていないキッズエリアでは遊ばせない

pool_4

子ども向けのコーナーは、水が出る遊具がたくさんあって楽しい場所ですが、適切に管理されていない施設だと、床がぬるぬるすべって転びがち。水が噴きだす設備も水を続けて再利用しているため、仮に寄生虫や細菌などで汚染されていた場合、うっかり少し飲んでしまうと下痢や嘔吐、肌の発赤などを起こす可能性があります。

5. ほかの子どもとゴーグルを共有しない

pool_5

お互いにゴーグルを使っても問題ない? 必ずしもOKとはいえません。CDCによれば、ウイルス性皮膚感染症である伝染性軟属腫は、子どもの間で簡単に広がります。そのもっとも一般的な原因のひとつが、ゴーグルやプールの遊び道具といった、パーソナルアイテムの共有です。

6. ジャグジーには入れない

pool_6

小さい子どもは、ジャグジーで簡単にのぼせたり、溺れたりしますし、さらにそれだけではありません。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.