ビューティ情報『乳がん検診を受けても発見できないおっぱいのタイプがある!』

2018年7月24日 22:45

乳がん検診を受けても発見できないおっぱいのタイプがある!

しかしまだごく一部です。現状では、乳がん検診後、「私は高濃度乳房ですか?」と自分から聞いてください。

マンモの画像から、医師は高濃度乳房かどうかをチェックすることになっています。結果通知が郵送された後、この結果を問い合わせることもできますし、医療機関で検診を受け、結果を聞く機会があれば、その場で質問できます。

そして、もし高濃度乳房だったら、毎月、生理の後のセルフチェックを丁寧にすることが大事です。そしてもし、いつもと違うしこりや乳首からの分泌物などがあったら、検診で異常なしでも、すぐに乳腺科を受診しましょう。

また、自己負担になりますが、マンモに超音波検査を加えるという選択肢もあります。マンモと超音波を併用することで、マンモ単独の約1.5倍乳がんが見つかるというデータもあります。

ただ、超音波にもデメリットがあります。超音波はマンモに比べて、治療の必要のない良性の変化を拾いすぎるため、乳がん検診後の不要な精密検査が増えてしまう可能性があります。超音波を組み合わせる場合は、これらのことを理解して行いましょう。

また、どんな検診も100%ではありません。見落としは起こります。ですから日ごろからのセルフチェックは大事。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.