ビューティ情報『体重が増えやすい人向き? 「高たんぱく食」が向いているのはこんな人』

体重が増えやすい人向き? 「高たんぱく食」が向いているのはこんな人

2018年8月2日 07:20
 

最初は「アトキンス・ダイエット」でした。それから「パレオ・ダイエット」。そして今は「ケト(ジェニック)・ダイエット」が大人気。簡単に言うと、すべてが低炭水化物(糖質)かつ高たんぱくの「高たんぱく食(ハイ・プロテイン・ダイエット)」で、減量のために長い間にわたって流行しています。

そのせいなのか、調査会社のNPDグループが調べたところでは、アメリカ人の半数以上が、高たんぱくの食べ物をもっと多く取ろうとしているそう。ヨーグルトやオートミール、スムージーに粉末たんぱく質を入れたり、スナック・バーやパスタまでたんぱく質を強化したりしています。

でも、本当にそんなにたんぱく質を取る必要があるのでしょうか?

ほとんどの人が十分にたんぱく質を取れている

目次

・ほとんどの人が十分にたんぱく質を取れている
・それでも、一部の人には高たんぱく食が理想的
・ボディビルダー
・体重が増えやすい人
・砂糖や炭水化物の多い、質の悪い食事を取っている人
・中年の人
High-Protein

ほとんどの人にとって、その答えは「いいえ」。イエール大学グリフィン予防研究センター所長の博士、デビッド・カッツさんは、1980年代に流行った低脂肪や2000年代初めの低炭水化物と同じで、高たんぱく食もだいたいはただの流行(長く続いてはいますが)に過ぎないと考えています。「三大栄養素(炭水化物、脂肪、たんぱく質)に重点を置くのは巨大なムダです。脂肪をカットしても、炭水化物をカットしても、よけいに太り、病気になりました。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.