ビューティ情報『体重が増えやすい人向き? 「高たんぱく食」が向いているのはこんな人』

2018年8月2日 07:20

体重が増えやすい人向き? 「高たんぱく食」が向いているのはこんな人

三大栄養素ではなく、健康によい食べ物とヘルシーな組み合わせに重点を置いて、あとは栄養素に任せる必要があります」

それに、私たちはもう十分にたんぱく質を取っています。アメリカの保健福祉省(HHS)と農務省(USDA)が5年ごとに発表している「アメリカ人のための食生活指針」では、1日の摂取カロリーの10〜35%をたんぱく質から取るよう推奨。たった10%でも(女性では1日当たりおよそ46グラムのたんぱく質に相当)、推奨量(RDA)を十分に満たし、不足を防ぐことができます。それに、アメリカ疾病対策センター(CDC)のデータによると、実際に取っている量は16%に近いそう。

それでも、一部の人には高たんぱく食が理想的

とはいえ、たんぱく質を多く取ると有益な人もいることは、カッツさんも認めています。ひとりひとり身体が違えば、必要な栄養も違いますから、万人向けのたんぱく質の取り方というものはないのです。

カッツさんによると、いちばんよいたんぱく質源は、卵、魚、家禽類(鶏など)、それに草を飼料とした動物からの少量の赤身肉(約110グラムを週に数回)、そして大豆やヒラマメなどの豆類(大豆、を含む)、ナッツやシード(種子)

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.