ビューティ情報『体重が増えやすい人向き? 「高たんぱく食」が向いているのはこんな人』

2018年8月2日 07:20

体重が増えやすい人向き? 「高たんぱく食」が向いているのはこんな人

「魚」「赤身肉」などのもっと質の良いたんぱく質を取るようにすると有益。「たんぱく質で取るカロリーの分量を増やせば、砂糖を添加した食品や炭水化物などを取る割合が少なくなります」と、カッツさん。言い換えると、「もっとツナを食べて、ドーナツを減らします」。

「OmniHeart試験」(「心臓病予防のための最適主要栄養素摂取量試験」)として知られる、3種類の食事を比較した試験では、炭水化物の一部をヘルシーなたんぱく質(またはヘルシーな脂肪)で置き換えたグループは、炭水化物が多いだけの違いなのに、ほかの点では健康的な食事を取っていたグループよりも、血圧が下がり、有害なLDLコレステロールも少なくなりました。

中年の人

50歳より上の人は、年を取るとどうしても避けられない筋肉の減少に対抗するために、少し多めにたんぱく質を取るとよいかもしれません。「年配の人は、骨格筋の量がしだいに減少する『サルコペニア(骨格筋減少症)』になる危険がありますから、食事で質のよいたんぱく質を多く取ると有益でしょう」と、カッツさん。

2015年にアーカンソー医科大学が行った研究によると、推奨摂取量の2倍のたんぱく質を取った52〜75歳の人たちは、たった4日後でも、筋肉を作る量が増えたり減りにくくなったりしたそう。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.