ビューティ情報『病気のサインかも? 生理不順になる7つの原因』

2018年8月17日 20:00

病気のサインかも? 生理不順になる7つの原因

生理が予定通りに来ないのって、正直キツいですよね。筋肉がつったり、食欲が妙に増したり、気分に波があったり......。生理日を予測するのは難しくありません。でも、人によっては規則正しく来ない人もいるんです。早くなったり遅れたり、はたまたいつもと違う感じだったり。それは簡単に特定できないから大変です。

目次

・1 .甲状腺異常
・2.子宮内膜症または子宮腺筋症
・3.ストレス
・4.多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
・5.体重の大きな変動
・6.子宮筋腫または子宮ポリープ
・7.子宮(子宮内膜)がん
・対策: 


MissedPeriod_0

でも、周期が正常かどうかはどうやって判断するのでしょう? 「通常の月経周期は、1回の周期の最初の日から次の周期の最初の日までが21日~35日とされています。1回の月経は通常2~8日続きます。平均的な経血の量は人によって異なりますが、ナプキンやタンポンを1~2時間おきに変える程度の量を超えることはありません」と、ノースウエスタン・メモリアル・ホスピタルで産婦人科医をしているアンジェラ・チャウダリさん。

「月経周期が短くなったり長くなったりする、生理が長く続く、経血の量がいつもよりかなり多い、生理がまったく来ないなどリズムが変化したら、生理不順と言えます。私たちの身体は教科書通りにはいきませんから、たまに生理不順になることは、女性にとってさほど特別ではありません。でも生理不順が続くようなら、産婦人科医にかかって原因を調べたほうがいいでしょう」

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.