ビューティ情報『教授からのアドバイスで、大麻草由来の「CBDオイル」を使ってみた』

2018年8月30日 16:30

教授からのアドバイスで、大麻草由来の「CBDオイル」を使ってみた

猛暑続きで眠れない。疲れがたまり、夏バテでもうぐったり……。そんなとき、足の裏の土踏まずに“あるもの”を塗ってみた。するとその夜、泥のように眠れたのです。

それは、大麻草から摂れる「CBD(カンナビジオール)オイル」。大麻草? あのマリファナになる大麻草? そうです、大麻草。でも、 気分がハイになる(そして 日本の「大麻取締法」に触れる)大麻とは少し違うのです。

世界保健機構(WHO)が、多くの疾患への有効性を高く評価

目次

・世界保健機構(WHO)が、多くの疾患への有効性を高く評価
・大麻草の「種と茎」から摂れるカンナビジオール
・体内の交通整理を担うCBD
・医療大麻ともヘンプオイルとも違うもの
shutterstock_130566989
image via Shutterstock
アメリカで、てんかんの発作を週300回起こしていた少女に、大麻草から抽出したCBDオイルを投与したところ、週1回に減少したことで注目を集めたCBD。

「てんかんの発作を筆頭に、不眠症、痛み(頭痛、胃痛、歯痛など)、食欲不振、吐き気、皮膚炎、統合失調症、抜け毛、アルツハイマーなど、100近くの疾患に関して、世界保健機構(WHO)はCBDに関する有効性と安全性を高く評価しています。欧米では医薬品(エピディオレックス®)としてすでに認可され、ここ10年で市場が700%になるとの報告もあります」と話すのは、昭和大学薬学部教授の佐藤均先生。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.