ビューティ情報『痛いブツブツができないように、アンダーヘアを処理する方法3つ』

痛いブツブツができないように、アンダーヘアを処理する方法3つ

2018年9月14日 20:30
 

アンダーヘアのお手入れが好きな人にとって、カミソリ負けでできる赤くてかゆいブツブツはとてもうっとうしいもの。そんなブツブツが大きくなって、触るだけで痛くなったらどうします?

目次

・埋没毛ってなに? どうしてビキニラインまわりによくできるの?
・どうやってアンダーヘアの埋没毛を取り除く?
・埋没毛を予防しながら毛剃りをするには?
・03. 剃る代わりに切ってみる
gettyimages-527862237-1534873415

おそらくそれはアンダーヘアの「埋没毛」で、ビキニラインや外陰部にある毛が適切に皮膚の外へ出ていない状態のこと。通常、埋没毛に害はありませんが、控えめに言ってもあまり快適な状態ではないもの。

(注意:膣のまわりには異なる種類のブツブツができる可能性がたくさんあるので、実際の症状が埋没毛かどうか確認するためには、皮膚科医に相談するのがベストです)

shutterstock_619575725
image via shutterstock
皮膚の状態をよい状態に戻すためには、そもそもなぜ埋没毛ができたのかを理解する必要があります。そうすれば、また埋没毛ができないように手も打てますよね。

もうすでに痛いブツブツがあるって? では、埋没毛をどうしたら早く治せるかについて、専門家が解説します。

埋没毛ってなに? どうしてビキニラインまわりによくできるの?

gettyimages-613245978-1534873262

埋没毛が生じるきっかけは毛のお手入れ。アンダーヘアを剃るとき、通常は皮膚から外に出ている部分をカットします。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.