ビューティ情報『グルテンフリーで、糖尿病のリスクが上がる? 意外な行動6つ』

2018年9月27日 05:30

グルテンフリーで、糖尿病のリスクが上がる? 意外な行動6つ

目次

・01. 必要がないのにグルテンフリー
・02. ひとりで過ごす時間が長すぎる
・03. コーヒーを断っている
・04. マウスウォッシュを使っている
・05. 塩分のとりすぎ
・06. スタチン薬を服用
01

すこしでも健康について考えている方なら、2型糖尿病にならないための基本ルールはご存知かもしれません。正しい食習慣、身体を動かす、標準体重を保つということ。

でも、守った方がよさそうなことはほかにもあります。

まさかと思うような、糖尿病につながりかねない驚きの行動。次にその6つをご紹介します。

01. 必要がないのにグルテンフリー

shutterstock_1149739202
image via Shutterstock
病気があってどうしても、という場合でなければ、小麦、大麦、ライ麦を食べないようにするべきではないとわかってきています。

アメリカ心臓協会(AHA)が20万人近い成人を対象におこなった研究によると、普通にグルテンをとっている人は、とらない人より13%も糖尿病になるリスクが低いそう。

その理由は、グルテンをとらないようにすると、食物繊維が豊富な全粒穀物をとる量が減るからと考えられています。食物繊維は糖尿病のリスクをさげるために大切な成分。「食物繊維が多い食事はインスリン感受性を高めてくれます。さらに炎症をおさえ、血圧やコレステロールもさげてくれます」と糖尿病療養指導士で、登録栄養士のデボラ・マルコフさん。

穀物を取るなら、全粒タイプに。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.