ビューティ情報『健康そうに見えても病気と戦っているかも。慢性疾患と戦うセレブたち』

2018年9月29日 05:30

健康そうに見えても病気と戦っているかも。慢性疾患と戦うセレブたち

celeb1

慢性的な病気には、キリのない治療や周囲の陰口など、いくつもの困難がともなうもの。

アメリカ疾病対策センター(CDC)によると、アメリカ人の約半数が少なくともひとつの慢性的な症状をかかえているそう。

ハリウッドも例外ではありません。何人かのセレブが糖尿病や多発性硬化症のような慢性疾患をカミングアウトしてきました。彼、彼女らの絶望、自信、その間にあるすべてを見ていきます。

キム・カーダシアン・ウェスト(乾癬)
gettyimages-956413694-1526191948

自己免疫性の皮膚病、乾癬と闘ってきました。

「光線治療を行ってきました。治療を始めてからすぐほとんど治ったと言いたいのですが、60%くらいでしょうか」(2017年11月、雑誌『ピープル』より)

「でも数年しても、なかなか完治まではいかないのです」

ウィニー・ハーロウ(白斑)
gettyimages-948780600-1526193769

白斑は斑点で肌の色を失う病気。

「私は白斑の被害者ではありません」(今年3月、インスタグラムで)。「私は“白斑モデル"ではありません。ウィニーです。モデルです。たまたま白斑が起きただけ。そんなレッテルを私やほかの人にも貼るのをやめて。私は苦しんでいない! 外見の違いはその人間が何者であるかとは別物」。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.