ビューティ情報『糖尿病や婦人科系疾患など、慢性疾患と戦うセレブたち』

2018年9月28日 20:30

糖尿病や婦人科系疾患など、慢性疾患と戦うセレブたち

gettyimages-904545494-1526198777

「医師が言うんです。“この高い血糖値と36歳から付き合ってきたんですね? ついに2型糖尿病になりました”」(2013年10月、トーク番組『レイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン』で)

アンソニー・アンダーソン(2型糖尿病)
gettyimages-954811184-1526193948

ドラマ『ザ・ブラキッシュ』主演のアンソニーは2001年2型糖尿病と診断されました。

2017年雑誌『パレード』に、「糖尿病には乗り越えるべきハードルがたくさんあります。病気を真剣に、第一に考え、治療するために真面目になるのです。時間がかかりますし、計画を立てる必要もあります。ですが、一度きちんと計画を立てれば、よりヘルシーな行動をとれるようになり、アクティブに動けるようにもなる。医師が作ったプログラムにも励めるでしょう」

婦人科系疾患

ホールジー(子宮内膜症)
gettyimages-930627098-1526194793

「子宮内膜症がわかったときは、苦々しくもあるけど楽しい気持ちにもなった瞬間でした。私はクレイジーじゃなかったから!」(ツイッターで)。

「でも子宮内膜症だと知るのはこわいことだったわ」。

サーシャ・ピーターズ(多嚢胞性卵巣症候群)
gettyimages-957166444-1526193568

「何が起きているのかわからず、どうすればよいのかもわかりませんでした」。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.