ビューティ情報『太りやすい人、太りにくい人の違いって何? ドクターに聞きました』

太りやすい人、太りにくい人の違いって何? ドクターに聞きました

2018年10月12日 10:30
 

目次

・太ってしまう5つの原因
・肥満には「遺伝的な要素」も関与する
0shutterstock_210197371

「少食でも太りやすい人、大食でも太りにくい人がいるのはどうして?」そんな素朴な疑問をドクターに直撃。ダイエット専門外来「渋谷DSクリニック」院長の林博之先生に、太りやすい体質の特徴や遺伝との関係をうかがいました。

太ってしまう5つの原因

林先生によると、太る原因は主に次の5つ。自分に当てはまるものがあるかどうか、ぜひチェックしてみてください。

0shutterstock_205981180

□食べ過ぎ
摂取エネルギーが消費エネルギーより多くなると、残った分が体脂肪になる。過食になるのは視床下部にある満腹中枢と空腹中枢の調節がうまく働かないため。ストレスなどが主な原因と考えられる。

□食事の回数や時間が不規則
食べる量より深刻なのが食べ方。朝と昼を抜いて夜だけ食べたり、1日の食事量の半分以上を夜に食べるなど、食事の回数や時間が不規則になると太る。特に夜は副交感神経が優位になり、消化管機能が高まって食物エネルギーの消化吸収がよくなるので、貯蔵脂肪が増えてしまう。

□褐色脂肪細胞が働かない
脂肪細胞には、エネルギーの貯蔵庫となる「白色脂肪細胞」と、体温維持や食事後の熱産生を行う「褐色脂肪細胞」がある。「褐色脂肪細胞」がうまく働かないと、消費エネルギーが減少して貯蔵エネルギーを増やし、肥満の原因となる。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.