ビューティ情報『なかなか痩せられない「停滞期」ってどうしてあるの?』

2018年10月4日 21:45

なかなか痩せられない「停滞期」ってどうしてあるの?

0shutterstock_1051628996

ダイエットを挫折する理由のひとつは、カロリーを控えても体重が落ちなくなる「停滞期」。しかしこの現象は、医学的にいうと停滞ではなく適応現象だとダイエット専門外来「渋谷DSクリニック」院長の林博之先生は話します。

「モデルの方に多いのですが、痩せるために摂取カロリーを落としすぎると、基礎代謝が下がって“冷たい体”になってしまいます。つまり、それ以上食べなくなると死んでしまうので、恒常性をキープするために基礎代謝がストップしてしまうのです。こうなるとストレスもかかりますし、体重も変化しなくなります」(林先生)

0shutterstock_399529723

停滞期を解消する事例としては、1度に4000㎉も食べる「チートデー」を作るという方法もあるそう。

「こうすると体がびっくりして基礎代謝が上がり、痩せやすくなるんです。医師の判断が必要な荒療治ですが、やみくもに食事制限しても痩せられないということは心にとめていただきたいと思います」

無理な糖質制限など、急激に体重を落とすダイエットは禁物。必ずリバウンドし、リバウンドするほど痩せにくい体質になるのです。

0shutterstock_593088578

「ダイエットは半年~1年、ときには2年、3年と持続していくべきもの。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.