ビューティ情報『女性ホルモンに振り回されないための、最強の味方とは?』

2018年10月30日 22:45

女性ホルモンに振り回されないための、最強の味方とは?

の人をあわせると全体の8割近くもの人が生理痛に悩んでいるというデータもあります。(女性労働協会「働く女性の健康に関する実態調査」)

「月経回数が増えたことは、生理痛はもちろんのこと、子宮内膜症や子宮筋腫などのリスクも上がります。実際に、生理痛がひどいからと受診をされた患者さんの多くから、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が見つかります。

月経は毎月こなくてもそんなに問題がない!?

640_shutterstock_531668620

さらにこうした病気を抱えると、将来“子供がほしい”と思ったときになかなかできないというケースも少なくありません。“生理は毎月来るもの。毎月来ていれば健康”と思っている方がほとんどだと思いますが、最近の研究で、月経は毎月こなくてもそんなに問題がないことがわかってきました。

むしろ毎月の月経によってこうしたさまざまなトラブルが起こったり、不妊を招いてしまうためで、3〜4ヶ月に1度くらいがちょうどよいのではないかと言われるようになってきました。ただしこれは急激なダイエットなど、不健康な形で生理を止めていいというわけではありません。こういうときに頼りにしてほしいのがパーソナルドクターです」

理想は、20代から同じ先生に診てもらうこと

婦人科はハードルが高いからと、本当に何かあったときだけ行くという人も多いと思いますが、賀来先生によると「理想は20代からずっと同じ先生に診てもらうこと」

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.