ビューティ情報『卵巣は、“沈黙の臓器”。無症状の卵巣腫瘍をどうやって見つける?』

2018年10月24日 16:30

卵巣は、“沈黙の臓器”。無症状の卵巣腫瘍をどうやって見つける?

自分の体をきちんと知ろう! をテーマの連載「カラダ戦略術」。前回は「30歳から多くなる子宮筋腫」について、お届けしました。今回は、「卵巣の腫瘍って怖い病気?!」について、女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝えします。

卵巣の腫瘍には良性と悪性のものがあります

目次

・卵巣の腫瘍には良性と悪性のものがあります
・卵巣腫瘍は、早期は無症状なのが特徴です!
・無症状の卵巣腫瘍をどうやって見つけますか?
・最終的に良性か悪性かは手術で摘出しないと判断できません
・治療は原則、手術を行います
・子宮内膜症のチョコレート嚢胞は40歳を過ぎるとがんになる可能性が!
下っ腹が痛い女性

卵巣は、子宮の左右にひとつずつあって、通常は直径2~3cmくらいの大きさです。この卵巣に発生した腫瘍が卵巣腫瘍で、大きいものでは30cmを超えることもあります。この卵巣腫瘍ができる明らかな原因は、まだわかっていません。ですから、予防も難しいのが現状です。この卵巣腫瘍は、30代、40代に起こりやすい病気ですので、注意が必要。

卵巣腫瘍には、本当にさまざまの種類があります。腫瘍の発生起源から、大きく分けると
「表層(ひょうそう)上皮性(じょうひせい)・間(かん)質性(しつせい)腫瘍(しゅよう)」
「性索間(せいさくかん)質性(しつせい)腫瘍(しゅよう)」
「胚(はい)細胞(さいぼう)腫瘍(しゅよう)」の3つに分けられます。

そして、それぞれの種類ごとに、良性の腫瘍、境界悪性の腫瘍、悪性の腫瘍があります。境界悪性の腫瘍、悪性の腫瘍になると、「卵巣がん」

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.