ビューティ情報『日本人に内臓脂肪がつきやすい理由とは?』

2018年11月7日 10:30

日本人に内臓脂肪がつきやすい理由とは?

今も内臓脂肪は体の中で悪い物質を出し続けている!

目次

・今も内臓脂肪は体の中で悪い物質を出し続けている!
・内臓脂肪が多いと何が起きる?
・内臓脂肪とは何者なの?
・内臓脂肪はどうやって増えるの?
・しかし、内臓脂肪は悪さをするばかりではない
・日本人は内臓脂肪がつきやすい?
naizou_main

「内臓脂肪って、男性につくんだよね」「腹囲90センチ以上の女性って、私はターゲットじゃない」。と思っている人は多いのでは。しかし、内臓脂肪は“誰にでも”ついています。そして、日本人はつきやすいDNAを持っている?! そこで『内臓脂肪を最速で落とす』(幻冬舎)の著者で内科医の奥田昌子先生に、内臓脂肪の正体やメカニズムについて教えていただきました。

内臓脂肪が多いと何が起きる?

昨今、問題視されている高血圧や糖尿病、乳がん、脳梗塞など、生活習慣病やがん。「自分にはあまり関係ない」と思っていたら要注意。なぜなら、内臓脂肪が、その引き金を引いてしまうからです。

しかし“脂肪”が気になる女性の多くは、ボディラインを気にしてのことでしょう。それは皮下脂肪を指しています。脂肪がつく場所は大きく分けて2つあり、ひとつは皮下脂肪。もうひとつが内臓脂肪。この“内臓脂肪”が、今の日本人に大問題なのです。

「内臓脂肪は非常に悪い物質を作ります。この物質は血液に入って全身に回り、血圧を上げ、血糖値を上げ、動脈硬化を進めます。また、血管の中で血を固まりやすくして脳梗塞や心筋梗塞を招きます。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.