ビューティ情報『乳がんの“しこり”は石のように「硬い」。自己触診がほんとに大切』

2018年11月9日 21:45

乳がんの“しこり”は石のように「硬い」。自己触診がほんとに大切

「乳がん」になる人は、この40年で約7倍にも増加。いまでは10人に1人が乳がんになるといわれています。多くの「がん」は年をとるほど増加しますが、「乳がん」は女性ホルモンが影響するので20代から増えはじめて最初のピークを迎えるのは40代後半です。

目次

・初潮から閉経まで。生理がある=乳がんになりやすい時期
・がんの“しこり”は石のように「硬い」
・日本人のヘルスリテラシーが低いわけ
・学校で始まったがん教育への取り組み
・【「IPU」を10名様にプレゼント!】実際の乳がんの硬さや大きさがわかる!
10人に1人が乳がんになる
image via shutterstock
全世代でみると喫煙や飲酒など生活習慣のよくない男性のほうが「がん」になりやすいのですが、若い世代、30代に限ると女性は男性の2.5倍、なかでも最多は「乳がん」なのです。

初潮から閉経まで。生理がある=乳がんになりやすい時期

妊娠経験が少なくなると、乳がんリスクが高くなる
image via shutterstock
「乳がん」について正しく理解し、関心を高めるために、厚生労働省とがん対策推進企業アクションが主催するセミナーが開催され、がん対策推進企業アクション アドバイザリーボード議長で東京大学医学部附属病院 放射線科准教授の中川恵一先生とアイドルグループSKE48チームSの元メンバー矢方美紀さんなど、乳がんサバイバーによるパネルディスカッションが行われました。

「乳がんが増加している最大の要因は、少子化です。妊娠・出産・授乳期間は2年以上生理が止まりますが、妊娠経験が少なくなると、生理の回数が増えて乳腺が女性ホルモンにさらされる期間が長くなる。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.