ビューティ情報『乳がんの“しこり”は石のように「硬い」。自己触診がほんとに大切』

2018年11月9日 21:45

乳がんの“しこり”は石のように「硬い」。自己触診がほんとに大切

「タバコは吸わないし、お酒も飲まない。何よりまだ20代だから自分は大丈夫だろうと思いつつも、乳がんについて取り上げているテレビ番組を観てセルフチェックをしてみたら、左胸の上のほうに硬いしこりを見つけました。まったく痛くはなかったんですが、調べてみたら乳がんでした」(矢方さん)

矢方さんのように、がんは痛いものと思いがちですが、がんで痛みを感じるのは、かなり末期に出る症状なのだそう。「がんについての誤った思い込み」が日本人には多いようです。

日本人のヘルスリテラシーが低いわけ

「平成21年の内閣府調査で、『がんを予防するためにどのような対策をしているか』という質問に対し、焼き肉などで『焦げた部分を避ける』という答えが1位でしたが、毎日何トンというありえないくらいの大量摂取をしない限り影響はありません。同様に放射能も被爆か被爆じゃないかと考える人が多いけれど、放射線治療があるくらいですから要するに“量”の問題。日本人は“量”の感覚がなさすぎます」(中川先生)

ほかにも「紫外線を浴びると皮膚がんになる」というのは紫外線が少ない地域で進化してきた白人についてのデータであって、日本人の場合は少し日の光を浴びたほうが皮膚内で体内合成をしてビタミンDを生み出すので骨が強くなり、がんを防ぐそうです。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.