ビューティ情報『不妊治療の方法とかかる費用は? 妊娠力を下げてしまう3つの要因』

2018年11月28日 10:30

不妊治療の方法とかかる費用は? 妊娠力を下げてしまう3つの要因

目次

・不妊のカップルは約6組に1組
・女性の妊娠する力を調べるAMH検査
・不妊治療の方法とその費用は?
・“最短”での妊娠を目指すクリニックがオープン
不妊治療

妊娠・出産は女性のライフイベントの中でももっとも大きなもの。妊活をスタートさせて、頭に「不妊治療」が思い浮かぶ人もいるかもしれません。

どんなことをするのか、料金はどのくらいかかるのかなど不妊治療の疑問を、フェニックス メディカル クリニック院長の賀来宗明先生にお答えいただきました。

不妊のカップルは約6組に1組

赤ちゃん

現在、産まれた子どもの数は100万人弱、体外受精で産まれた子どもの数は約5万4千人と、約18人に1人が不妊治療(体外受精)で産まれた赤ちゃんだといわれています。初婚年齢が上がったことや、それにともなって出産年齢も上がったことで不妊治療は特別なことではなくなってきました。

「『不妊』とは、妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交しているにもかかわらず、一定期間妊娠しないものと、日本産科婦人科学会は定めています。

この一定期間とはおおよそ一年が目安とされていますが、女性のほうに排卵がなかったり、子宮内膜症があるなどすると妊娠しにくいことがわかっています。

また、男女とも加齢により妊娠が起こりにくくなることもわかっています。不妊のカップルは約6組に1組と言われていますが、妊娠を考え出す年齢、つまり妊活を開始する年齢があがってきていることもあり、この数はもっと増えている印象です」

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.