ビューティ情報『腸科学の第一人者が教える、腸内細菌が喜ぶ食材』

2018年11月21日 21:45

腸科学の第一人者が教える、腸内細菌が喜ぶ食材

これが毎日繰り返されると、腸の内壁がどんどん薄くなり、大腸に炎症が起きてしまいます。

腸内細菌が好むのはマック食材

腸内と野菜、果物

そこで夫妻が推奨するのが、マイクロバイオータが食べる、通称「MAC/マック(Microbiota accessible carbohydrates)」の摂取量を増やすこと。

マックは果物や野菜、豆類、穀物などさまざまな植物にふくまれ、マイクロバイオータによって発酵される炭水化物のことである。食物や食物繊維サプリメントに含まれる食物繊維には、マイクロバイオータのいる大腸まで到達せず発酵しないものもある。これらの発酵しない繊維質も便秘の改善にはとても効果があり、排泄物が水分を吸って嵩を増すので、良好な整腸作用が得られる。だがマイクロバイオータに食べ物を与えて短鎖脂肪酸を作ってもらうには、やはりマックを食べる必要がある。

(『腸科学』168ページより引用)

「マック」を含む代表的な食材は、全粒穀物、玉ねぎ、リンゴ、キノコなど。最近では小麦の外皮部分にあたる小麦ブラン(小麦ふすま)やスーパー大麦(バーリーマックス)もマック食材として注目されています。

腸内細菌が喜ぶ食事を意識しよう

細菌をブロックする女性

「腸活」

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.