ビューティ情報『ストレスってやっぱりこわい!? コレステロールとホルモンの意外な関係』

2018年12月11日 10:30

ストレスってやっぱりこわい!? コレステロールとホルモンの意外な関係

目次

・コレステロールは悪だけではない!?
・ストレスが多いとき、コレステロールが作りだすのは?
・がんばりすぎず、ほどほどに
ハッピーな女性
image via Shutterstock
「ストレスは美容の敵」とはよく聞く言葉ではないでしょうか。

そんなとき「ストレスがたまると、ぶすっとした表情になるからそういわれるのでは?」程度にしか聞いていなかった私ですが、オーソモレキュラー栄養医学の学びのなかに、あるヒントを見つけました。

それは、「ストレスが増えると女性ホルモンが減りやすい傾向にある」ということ。

コレステロールは悪だけではない!?

女性らしい女性
image via Shutterstock
女性のカラダのなかで重要な役割を担っている女性ホルモン。この主な材料がコレステロールだということは、意外に知られていません。

コレステロールというと、身体によくないというイメージが根強くありますが、じつは大切なはたらきもしているのです。細胞ひとつひとつを包みこむ膜や、食べた油分の消化にかかわる胆汁酸をつくったり、ビタミンDの材料となるビタミンの吸収を手助けをしています。

このほかにも細胞ひとつひとつを包みこむ膜や、食べた油分の消化にかかわる胆汁酸、ビタミンDの材料となる、ビタミンの吸収を手助けするなど、大切なはたらきをしています。

食べ物からの供給に頼るのではなく、ほとんどが肝臓で作られています。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.