ビューティ情報『ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5』

2018年12月11日 05:30

ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

目次

・医師に相談するときのポイント
・ベストな治療法は薬? それとも……
・ワクチンは打ったほうがいいの?
・ワクチンに加えて実行したい、5つの衛生習慣
風邪を引く女性
image via shutterstock
インフルエンザをよせつけないためには、普段から何を心がけるとよいのでしょう? また、もしもかかってしまった時の対処法を医師がアドバイスします。

医師に相談するときのポイント

インフルエンザ検査
image via shutterstock
あなたがインフルエンザもしくは風邪にかかっているかを判断するために、医師は身体検査や症状に関する問診をしたり、「検体検査」を行ったりします。

インフルエンザ迅速検査がもっとも一般的です。医師が鼻やのどの裏を綿棒で掻いて調べるのは「抗原」の存在。この抗原に免疫系が反応し、ウイルスを排除する「抗体」を作り出すのです。結果がでるのに30分もかかりません。ただし、結果は常に正確とは限らないので、医師はこの検査をすることなくインフルエンザを診断することもあります。

「医師を信じ、身体の状態に耳を傾けましょう」と話すのは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授で、医師のジョセフ・ラダポーさん(医学博士)。

専門的な研究所や病院には、ウイルスのDNAやRNAをチェックするなど、より正確な検査を行うところもあります。

「医療機関を受診するときには、症状とその期間、重さについて答えられるようにしておきます。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.