ビューティ情報『オバマ夫妻も取りくんだ不妊治療、IVF(体外受精)について知りたい』

2018年12月14日 20:30

オバマ夫妻も取りくんだ不妊治療、IVF(体外受精)について知りたい

不妊とIVF(体外受精)は、思っているよりもずっと、ありふれたことなのかもしれません。

目次

・20年前、IVFを受けていたことを告白
・IVFとは?
・若い女性にIVFは必要ない、は迷信
・女性の不妊の原因は?


ミシェルオバマ

20年前、IVFを受けていたことを告白

ミシェル・オバマ元大統領夫人が2018年の11月に、TV情報番組「グッド・モーニング・アメリカ」で、ふたりの娘、マリアさんとサーシャさんを産む前に流産で苦しんだと明かしました。ふたりともIVF(体外受精)で生まれたのです。

不妊の問題に取り組んだ経験があるのはミシェルさんだけではありません。アメリカ保健社会福祉省(HHS)女性健康局によると、15〜44歳の女性のおよそ10%(約610万人)が妊娠するために、または(流産せずに)妊娠を保つために苦労しています。

この数字は意外ではないかもしれませんが、30代に始まったミシェルさんの苦闘の話を聞けば、不妊があらゆる年齢の女性に影響を及ぼしていること、また高額な不妊治療を受けているのは30代後半から40代初めの女性だけではないという事実がわかります。


AP通信によると、「私たちは子どもを作ろうとしましたが、うまく行きませんでした」

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.