ビューティ情報『9割の女性が月経血が逆流。産婦人科医・宋美玄先生が教えるホルモンマネジメント』

2019年1月29日 20:00

9割の女性が月経血が逆流。産婦人科医・宋美玄先生が教えるホルモンマネジメント

目次

・昔は50回、今は450回。現代女性の生理回数が多すぎる
・逆流した月経血が病気の原因に
産婦人科医・宋美玄先生
撮影/俵 和彦
女性の心身に大きな影響を与えるホルモン周期。ライフステージの変化が激しい30代以降を快適に過ごすためには、ホルモンや生理を自らコントロールしていくことも必要になってきます。

メディアでも活躍中の産婦人科医・宋美玄(そん・みひょん)先生に、いま女性特有の病気が増えている理由や、産婦人科の女性医師たちが当たり前に行っているというホルモンマネジメントについてうかがいました。

昔は50回、今は450回。現代女性の生理回数が多すぎる

産婦人科医・宋美玄先生
撮影/俵 和彦
姉妹サイトのcafeglobeが主催したカンファレンス「MASHING UP」で、トークセッション「大人の保健室:人生と女のホルモン」に登壇された宋先生。関西弁を交えた明るくパワフルな語り口で、現代女性が直面する大きな変化について語ってくれました。

厚生労働省の調査によると、日本女性の平均初産年齢は、2011年に30歳を超えたそう。その結果、生涯で迎える生理の回数が増加し、女性の体に大きな負担をかけているといいます。

「20代で初産をし、出産回数も多かった昔の女性の生理回数とくらべると、昔は50回、いまは450回くらいの開きがあります。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.