ビューティ情報『ローズヒップは肌にどういい? こだわりのスキンケアアイテム5選』

2019年1月16日 20:00

ローズヒップは肌にどういい? こだわりのスキンケアアイテム5選

0shutterstock_721915252

以前から気になっていたローズヒップ。野バラの真っ赤な果実の中に、毛で覆われた種子が入っています。果実や種子から摂れるオイルやエキスには、レモンの20~40倍とも言われる豊富なビタミンCほかたくさんの美容成分が含まれていることがわかっています。

さらに、ローズヒップの赤い実は抗酸化物質のアントシアニン色素を含み、肌のターンオーバーに欠かせないリノール酸とリノレイン酸などの必須脂肪酸、酸化をふせぐトコフェロール(ビタミンE)やβカロチンもたっぷり含んでいます。

アントシアニンにビタミンC、ビタミンE、βカロチンが加わると相乗作用が起こり、それぞれの抗酸化力がより強く発揮されるのだとか。

また、ビタミンCやビタミンEの働きは、水溶性物質にビタミンCが、油溶性物質にはビタミンEがそれぞれ抗酸化剤として働き、うるおいのある肌をかなえるサポートをしてくれるそう。

(参考文献:大庭理一郎 et al.「アントシアニン‐食品の色と健康‐」建帛社)

高い美容効果が期待できるローズヒップ。ハーブティーとして飲むだけではもったいない! そこで、オーガニックで製法にこだわってつくられたオイルやエキスを配合したコスメをご紹介します。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.