ビューティ情報『女性ホルモンの基礎知識。更年期症状の2大治療とは?』

2019年1月29日 21:45

女性ホルモンの基礎知識。更年期症状の2大治療とは?

自分の体をきちんと知ろう! をテーマの連載「カラダケア戦略術」。前回は「更年期の正体」について、お届けしました。今回は、「更年期症状の予防と治療」について女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝えします。

目次

・更年期の症状は千差万別です
・予防にも治療にも生活習慣を整えることが大事に
・更年期症状の2大治療は、ホルモン補充療法と漢方療法
・更年期に使われるホルモン剤の種類は…
・閉経前後にはエストロゲン剤で
・低用量ピルとホルモン補充療法の効果はどれくらい?
・必要以上に女性ホルモンを怖がらないで


めまいに苦しむ女性

更年期の症状は千差万別です

更年期によく起こる症状は、ホットフラッシュ(顔ののぼせ、ほてり)、発汗(多汗)、冷え、めまい、耳鳴り、頭痛、動悸、息切れ、イライラ、落ち込み、不安、不眠、うつ、無気力、肩こり、腰痛、関節痛、疲労感、皮膚症状(乾燥、かゆみ、湿疹、かぶれなど)、腟の乾燥、性交痛、頻尿、尿失禁、膀胱炎など、さまざまです。

その人によって起こりやすい症状も異なり、複数の症状がいっぺんに起こったり、ひとつ治ったと思ったらまた別の症状が現れるなど、気まぐれのところも。 「つらくて、つらくて……」と言う人もいれば、「それほど、つらくはないけど、少しの不調も改善して快適に過ごしたい」と言う人もいます。

治療もひとつではなく、いくつかの方法を組み合わせていくことも少なくありません。気になる症状は、ぜひ更年期障害の治療を行っている婦人科で相談しましょう。

予防にも治療にも生活習慣を整えることが大事に

ウォーキングする女性

「更年期障害というほどでもない……」

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.