ビューティ情報『治りにくい鼻づまりや鼻水、風邪じゃないかも!? 「副鼻腔炎」の正体とは?』

2019年2月7日 20:30

治りにくい鼻づまりや鼻水、風邪じゃないかも!? 「副鼻腔炎」の正体とは?

目次

・副鼻腔炎とは?
・副鼻腔炎はうつる?
・副鼻腔炎かどうかの診断は?
・副鼻腔炎を治すには
鼻をかむ女性

鼻づまり。鼻水。のどの痛み。誰もがおなじみの風邪の症状です。

でも、チキンスープを飲んだりビタミンCを摂ったり、風邪に効きそうなことをやっても効果がない……。そんなとき、じつは“副鼻腔炎(ふくびくうえん)※”かもしれません。

※訳注:副鼻腔炎には急性と慢性があり、日本における慢性の副鼻腔炎の俗称は“ちくのう症”とも言われます。この記事では急性副鼻腔炎をさしています。

副鼻腔炎とは?

副鼻腔炎
image via shutterstock
「副鼻腔炎は、ほほ、両目の間、眉の上、そして両目の後ろにある“副鼻腔”という空洞がウイルスや細菌に感染して炎症を起こした状態です」と説明するのは、インターネットを使った遠隔医療を提供する会社「Ro」の共同臨床ディレクターで、医師のメリンダ・バーンズさん(元イエール大学医学大学院外科、耳鼻咽喉科助教授)。

「副鼻腔炎では、副鼻腔の内側粘膜が炎症を起こして腫れ、粘膜の中の腺が粘液をたくさん作ります。この副鼻腔の炎症のせいで、よくあるイヤな症状が現れるわけです」(バーンズさん)

「副鼻腔は顔の片側に4個ずつあり、どれも感染する可能性があります」とバーンズさん。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.