ビューティ情報『卵巣の摘出手術をすると、身体への負担やホルモンバランスはどうなるの?』

2019年2月8日 20:30

卵巣の摘出手術をすると、身体への負担やホルモンバランスはどうなるの?

目次

・手術による身体への負担はどうなの?
・ホルモンは補充したほうがいいの? よくないの?
・子宮を摘出しても、卵巣を残すことはできるの?
・卵巣にできる袋状の腫瘍「卵巣のう腫」ができたときは?
・卵管をとりのぞく場合もあるの?
子宮

更年期の症状とは、ほてり、寝汗、気分のゆれなど。それらをはじめ、身体に大きな変化が訪れます。

でも一部の女性にとって、それらの不快な症状は自然におこることではありません。(アメリカでは)約60万人の女性が、いわゆる外科的閉経(子宮や卵巣の摘出手術を受けた結果、閉経すること)をむかえているからです。

手術を受けた理由は、人それぞれ。卵巣がんのリスクを最小限におさえるために手術を受けた人もいれば、のう胞ができたり、痛みがあったりして、卵巣がすでに悪い状態だったために手術を受けた人も。

でも、手術を受けた理由はさておき、ひとつだけ共通して言えるのは、彼女たちはすぐに閉経をむかえているということ。なぜならば、卵巣は生殖にかかわるホルモンの中枢であるからです。

「卵巣がないとエストロゲンが分泌されないため、自然に閉経したときとまったく同じ症状がみられます。たとえば、ほてり、膣の乾燥、不安、睡眠障害、気分の浮きしずみ、皮膚の変化、体重増加などがあげられます」と医師のマシュー・T・シードホフさん。シードホフさんは、ロサンジェルスのシダー・シナイ病院で婦人科医をつとめています。

限定的ではありますが、卵巣がんの遺伝的リスクの高い女性にとっては、卵巣摘出術を受けることに予防的な意義があると言えます。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.