ビューティ情報『ぽっこりお腹の人は注意! アルツハイマーのリスクが研究で明らかに』

2019年2月12日 20:30

ぽっこりお腹の人は注意! アルツハイマーのリスクが研究で明らかに

目次

・肥満によって、脳の健康状態がわかる?
・脳に関係なく、やっぱりおなかの脂肪はよくない
・では、どうすればよい?
脳

おなかに余分な脂肪がついていると、心臓の病気や糖尿病などいろいろな病気になりやすくなりますが、さらには脳にも影響がありそうという研究結果が神経学の専門誌『ニューロロジー』で報告されました。

この研究は9,652人(平均年齢55歳)を長期間にわたって追跡調査をして、BMIと脳の灰白質白質の体積とを比べたものです。

「灰白質」とは、脳と脊髄の中の色の濃い組織。神経細胞(ニューロン)の本体があり、シナプス(情報を伝達する部分)がここから伸びています。「白質」は、灰白質と接続する神経線維でできています。年をとるにつれて脳内の灰白質白質の体積が小さくなり、アルツハイマー病や認知症のリスクがアップしていくのです。

そして今回の研究の結果、BMIが高い(太っている)人は健康的なBMIの人に比べて、脳内の灰白質の体積がはるかに少ないとわかったのです。

肥満によって、脳の健康状態がわかる?

体重計に乗る女性
image via shutterstock
おなかに脂肪がついていると中枢神経系に影響があるという結果ですが、この関係を確かめるにはもっと研究が必要になるようです。

「私たちの研究によると、太っている人、とくに身体の中間部分が太っている人は、脳の灰白質の体積が小さいという関連性がありました。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.