ビューティ情報『ダイエット中の甘い誘惑は「先延ばしの法則」で打ち勝つ』

2019年2月12日 07:20

ダイエット中の甘い誘惑は「先延ばしの法則」で打ち勝つ

本連載では、ガイズ氏が語る「減量を持続させる小さな習慣」を、30日間にわたってご紹介していきます。

小さなダイエットの習慣
image via Shutterstock
重要なのは、あなたの考えをいつもとは逆の方向に持っていくことです。「いまは炭酸飲料を飲んで、明日は水を飲もう」の代わりに、「いまは水を飲んで、明日は炭酸飲料を飲もう」と考えてください。たとえ翌日になって本当に炭酸飲料を飲んだとしても、まったくかまいません。

(スティーヴン・ガイズ著『小さなダイエットの習慣』155、156ページより引用)

「太る」とわかっていても欲しくなる炭酸飲料やスイーツ。ガマンすると逆に欲求が募ってしまうため、ガイズ氏は「先延ばし」にすることを勧めています。

「私はいますぐこれを楽しむことができる。でも、あとで楽しむことにしよう」。そう考えることで、ご褒美への期待を長く、強く感じることができるだけでなく、最後には自分が考えているよりも、もっと健康的な行動をとることができるとガイズ氏はいいます。

人間は先延ばしにすることを得意とします。これを健康的な方法で行うことも、「小さなダイエットの習慣」のひとつです。

book_diet-2

『小さなダイエットの習慣』(ダイヤモンド社刊)

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.