ビューティ情報『日本でも流行が続く性感染症。脳梗塞、心不全などにつながる怖い病気も』

2019年3月12日 21:00

日本でも流行が続く性感染症。脳梗塞、心不全などにつながる怖い病気も

目次

・性感染症、なにがこわい?
・性感染症の種類と症状をチェック
・予防はコンドームの使用!
・いつもと違うおりもの、不正出血があったら病院へ
ベッドの上の女性

「性感染症」と聞くと、“自由な性を謳歌する一部の人だけの問題”と思う人も少なくないでしょう。けれど、みどり美容クリニック・広尾のみつゆき みどり先生は「性感染症は決して人ごとではありません」と警鐘を鳴らします。

たとえば、国立感染症研究所によると、性感染症のひとつである梅毒の届出数は2011年から毎年増え続け、2017年には44年ぶりに5,000人台を突破。流行が続いています。みつゆき先生に、注意すべき代表的な性病とその症状を伺いました。

感染症、なにがこわい?

性感染症

性交渉でうつる病気を、性感染症といいます。初期は自覚症状がないことも少なくないため、気づいたときにはかなり進行していることも。感染に気づかずに性交渉を持って、相手に病気をうつしてしまう、ということも多いようです。

感染症は、抗生物質がよく効くため、治療は決して難しくありません。ただし、治療が遅れると、知らないうちに感染者を増やしてしまったり、不妊につながったりと、あなどることのできない病気です。 症状に思い当たることがあったら、早めに診察を受けることが重要!

感染症の種類と症状をチェック

クラミジア感染症
クラミジア・トラコマティスという細菌が引き起こす感染症

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.