ビューティ情報『一日5分が効いてくる。ぽっこりおなかにも効く簡単「膣トレ」』

2019年3月13日 21:00

一日5分が効いてくる。ぽっこりおなかにも効く簡単「膣トレ」

目次

・膣のゆるみの正体は?
・一日5分の膣トレで感度アップ!
・レーザー照射や膣縮小手術という方法も
・現代女性は膣トレ必須!
下着姿の女性

膣を鍛えることで、オーガズムに達しやすくなる? ぽっこりおなかが解消されて、くびれができる? 話題の膣トレについて、女性器の専門家である医師のみつゆき先生に直撃。さらに、膣を引き締める外科手術についてもお話を伺いました。

膣のゆるみの正体は?

膣のゆるみ

セックスが気持ちいいと感じられない、パートナーから「もっと締めて」と言われてしまう……。こうした膣のゆるみの正体は、骨盤底筋群の筋力低下。実は、膣を締める動きは膣自身によって起こるのではなく、周囲にある骨盤底筋が収縮することで起こるのです。

骨盤底筋は、膀胱や子宮、直腸を支えているハンモック状の筋肉です。この筋肉が衰えると、その上の臓器が支えられなくなって、膣から臓器が出てしまう子宮脱、膀胱瘤といった症状が出てくることも。

筋力低下のいちばんの原因は出産と加齢です。膣のゆるみは、セックスの満足度の低下や尿もれ、お風呂のお湯が膣にたまる、タンポンが漏れる、といったプチトラブルを引き起こします。

衰えてしまった骨盤底筋には、筋トレが有効です。それが、いわゆる“膣トレ”。骨盤底筋を鍛えることで、その上の骨盤や臓器も正しい位置に収まり、ぽっこりおなかの解消、ダイエットにもつながります。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.