ビューティ情報『料理だけでなく肌にも使える。グレープシードオイルの正しい使い方』

2019年3月7日 05:30

料理だけでなく肌にも使える。グレープシードオイルの正しい使い方

目次

・そもそもグレープシードオイルとは?
・グレープシードオイルの選び方
・グレープシードオイルを顔に塗る場合の使い方
グレープシードオイル

ココナッツオイル、ローズヒップオイル、ティーツリーオイルなど、新しい美容オイルがどんどん出現し、次なるブームとして話題を集めています。あなたの今のお肌に合った最適なオイルがどれなのか、迷ってしまいますよね。

そこで注目したいのが、ワイン用のブドウの種から抽出されたグレープシードオイル。特定の肌や毛穴タイプにしか合わないほかのオイルと違い、グレープシードオイルは軽めで毛穴に詰まりにくいので、敏感肌やニキビのある人も含め、万人向けのオイル。さらりと軽めで、ニキビ、炎症、早期老化を防いでくれます。

さまざまな肌の悩みをケアできる成分を含んでいるため、肌トラブルをたくさん抱えている方は、今使っている複数の化粧品をグレープシードオイルひとつにまとめられるかもしれません。マルチな効果を持つこの美容オイルについて、詳しくご紹介していきます。

そもそもグレープシードオイルとは?

グレープシードオイル

グレープシードオイルはワイン造りの過程でできる副産物です。

ブドウを圧搾すると種が残ります、とロサンゼルスで活動する認定皮膚科医のチッポラ・シェインハウス博士は言います。種からオイルを抽出する方法はいくつかありますが、美容目的の場合はコールドプレス(低音低圧圧縮方式)

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.