ビューティ情報『ダイエットや老化防止にも!? ボイトレで変化した4つのこと』

2019年3月22日 22:45

ダイエットや老化防止にも!? ボイトレで変化した4つのこと

目次

・01.身体は楽器!
・02.いつもは「ラ」で話しているのに、緊張すると……
・03.自分の声を好きになる方法があった
・04.4オクターブ達成した結果、起きたこと
minnie_01

私が音楽プロデューサーでありボイストレーナーのミニー・P先生を紹介されたのは、1年前。友人から「ボイトレで7kgもやせたライターさんがいるんだって。スピーチとかもうまくなるらしいよ」と聞き、好奇心旺盛な私は、ちょっとやってみようと早速ミニー・P先生を紹介してもらいました。

ボイトレは、歌をどんな感じで歌うのかしら? くらいなノリでレッスンに行ったのですが、ボイトレ前のストレッチからストレッチしながら発声練習をして、汗ばむ私。

あら? これはちょっとした筋肉トレーニング。しかも声をだした後は心が晴れたようで気持ちがいい。そして、なんといってもミニー・P先生がじつに明るく楽しい!

このボイトレ、かなりおもしろい! と思い、レッスンをスタートすることにしました。

01.身体は楽器!

voice01_shutterstock_221800354

ボイトレを始めて、最初になるほど! と思ったことが、身体は楽器だということ。

「声をだす声帯は、弦楽器でいえば、弦と弓。それだけあっても音は出ず、ボディの中の空洞があって初めて豊かな音が響き渡りますよ。声も同じことで、呼吸器である肺が原動力となり、吐く息が伸縮した声帯に伝わって、口腔、鼻腔、胸に共鳴して声となります。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.