ビューティ情報『腸内細菌をパワーアップさせる方法って? 教授に聞いた3つのポイント』

2019年4月11日 20:00

腸内細菌をパワーアップさせる方法って? 教授に聞いた3つのポイント

目次

・腸内細菌は「質」も大切だけど、「数」も重要
・健康な人の便を移植! 欧米では「便バンク」も
・善玉菌とそのエサを一緒に摂る「シンバイオティクス」
・腸内細菌を改善する3つのポイント
腸と腸内細菌

食習慣の変化による腸内細菌の異常が、さまざまな全身性疾患の要因になる――。そう警告するのは、腸内細菌研究の第一人者である慶應義塾大学薬学部教授・長谷耕二さんです。

江崎グリコ株式会社が主催した長谷さんのレクチャーから、“腸の健康”を保つ重要性と、忙しい女性が実践すべき3つのポイントについてご紹介します。

腸内細菌は「質」も大切だけど、「数」も重要

細菌

人生100年時代といわれる今、平均寿命と健康寿命のギャップをいかに縮めるかは大きな課題です。近年とくに研究が進んでいるのが、全身の健康における「腸」の重要性。慶應義塾大学薬学部で生化学講座の教授をつとめる長谷耕二さんは、こう語ります。

「2014年にニューヨーク・タイムズが腸内細菌についての記事を出したとき、“我々は大量の微生物を保有する入れ物である”という言い方をしました。ヒトは、自らの体細胞より多くの細菌によって作られています。しかも遺伝子も、体細胞より腸内細菌の遺伝子の保有数のほうが多いのです」(長谷さん)

これまでは、「人間の健康は腸内細菌に左右されるため、その質を高めることが大切」といった捉え方が一般的だったと長谷さん。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.