ビューティ情報『お酒やタバコ以外も。心臓に悪影響を及ぼす意外なリスク要因』

2019年4月1日 05:30

お酒やタバコ以外も。心臓に悪影響を及ぼす意外なリスク要因

歯と歯茎の健康は、心臓の健康と関係があります。「歯の健康と心臓の健康の関連性を証明した研究が複数あります」と、グラハムさんは説明します。

その理由は、歯茎が出血したり炎症を起こしたりすると、口内の細菌が血流に入ってしまい、炎症の原因になって、心臓病につながる条件を作り出すからなのです。

「フロスを使うと、心臓や血管の病気になるリスクが低くなります」(グラハムさん)。ですから、きちんと歯を磨いてフロスを使い、歯医者さんに行きましょう。

2. フレンチフライが大好き

フライドポテト

それにフライドチキン、フィッシュフライ、それからポテトチップスも大好き……。でも、揚げ物を食べすぎると、特に50歳以上の閉経後の女性で、心臓の病気と死亡のリスクが高くなります。

有名な医学誌BMJで報告された2019年の研究によると、フライドチキンを少なくとも週に1回食べる女性は、まったく食べない女性に比べて、心臓と血管の病気による死亡のリスクが12%高くなるとわかりました。魚か甲殻類のフライを週に1回以上食べた女性も、まったく食べなかった女性に比べて、心臓と血管の病気で亡くなるリスクが13%高い結果。ですから、たまに揚げ物を楽しむのは構いませんが、習慣的に食べるのはやめておく方がよさそう。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.