ビューティ情報『肌育成のプロが教える美肌への道。ヒントは菌とのつきあい方に』

2019年4月7日 16:30

肌育成のプロが教える美肌への道。ヒントは菌とのつきあい方に

目次

・私たちは皮膚常在菌を飼っている
・休日は、むしろ顔を洗わないほうがいい!?
・お風呂から出たらオイルでカバー
洗顔

最近の腸活ブームで「腸内細菌」にスポットが当たることが多くなったこの頃。

ここ数年でも菌に関する研究が進み、目に見えない菌たちが、私たちの美しさと健康に大きく貢献してくれていることがわかってきました。

では、どうしたら、菌といい関係になって恩恵をたっぷり受けられるのでしょうか。美しくありたい女性にさらに注目してほしいのは「皮膚常在菌」だと話すのが、肌育成スペシャリストの川上愛子さん。

川上さんの著書『皮膚常在菌ビューティ!』(ワニブックス)を参考に、美肌づくりを助ける菌のパワーと増やし方を見ていきましょう。

私たちは皮膚常在菌を飼っている

菌

川上さんは、「皮膚科学+化粧品成分学」という科学的根拠と経験則を合わせて、2万人以上をスキンケア・カウンセリングしてきた肌育成のスペシャリスト。本書は、菌を擬人化してキャラクターにした漫画を交え、わかりやすく展開していきます。

一般的に、人間にとって良い働きをしてくれる菌を「善玉菌」、害を及ぼす菌を「悪玉菌」、環境によって人体にとって良くも悪くもなる菌を「日和見菌」と呼んでいます。

『皮膚常在菌ビューティ!』16ページより引用

川上さんによると、腸内環境と同じように、皮膚にも良い菌、悪い菌があるということ。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.