ビューティ情報『女性の避妊や出産、性感染症の悩みを丁寧にサポート』

2019年4月23日 21:45

女性の避妊や出産、性感染症の悩みを丁寧にサポート

目次

・VOL.2婦人科/麻布十番まなみウィメンズクリニック今井愛先生
・特に大切にしている診療(得意分野)は?
・低用量ピルの副作用を気にする人もいますが、どんな副作用が考えられますか?
・喫煙していると、低用量ピルは服用できませんか?
・バースコントロールの側面で、低用量ピルだけでなく、緊急避妊用のピルも処方していますか?
・どんな悩みや不安をもつ女性たちに、受診してほしいと思っていますか?
・先生ご自身が日常生活で健康のために、気をつけていることは?
・診療内容、料金目安、薬の処方方法は?
今井愛先生

「この不調、どこに相談したらいいの?」「病院では、どう対処してくれるの?」と悩む一方で、いざ病院に行こうと思ったとき、「どこがいいのかわからない」「ネット検索してもどこまで信用していいのかわからない」。そんな思いに応える連載「MYLOHAS Doctors」。

VOL.2は、20代30代女性の相談しにくい“バースコントロール”や、“性感染症”の診察を丁寧に診てくれる今井愛先生(麻布十番まなみウィメンズクリニック院長)を取材しました。

VOL.2婦人科/麻布十番まなみウィメンズクリニック今井愛先生

麻布十番まなみウィメンズクリニック

特に大切にしている診療(得意分野)は?

“予期しない妊娠”が女性に及ぼすのは、体や健康への影響だけではなく、仕事や日常生活、人生、結婚に関係する大事な問題。

今井愛先生は、婦人科医として、“バースコントロール(避妊)”の問題に熱心に取り組んでいるドクターです。

現代女性の人生と健康にとって、予期しない妊娠を避け、欲しいときに、ある程度計画的に妊娠、出産することが必要。また、それが女性自身で、選択できる時代になっています。

「私が婦人科医になろうと思った動機は、女性の一生の中でも大きなイベントである出産に携わりたかったからです」

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.