ビューティ情報『ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由』

2019年4月21日 16:30

ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

また、高血糖な状態は成長ホルモンの分泌を抑え、脂肪を増やす原因にもなります。

『人生を変える夜はちみつダイエット』39ページより引用

糖質を摂らないのも、摂りすぎるのもよくないそう。そこで、寝る前の適切な糖質補充が大切に。

田井先生によると、はちみつを摂ったときの血糖値の上昇はゆるやかで、インスリンの分泌も安定しているので自律神経を刺激することはないのだとか。まさに、ぐっすり眠って体脂肪を燃焼するための食の条件に、ぴったりですね。

カフェインと糖質に注意!NGな摂り方

はちみつ

本書では、夜はちみつダイエットを始めるにあたってのポイントや注意点も紹介されています。

まず、大さじ1杯のはちみつを摂るときには、カフェインや糖質と一緒に摂らないように、と田井先生。寝る前にカフェインを摂れば、当然ながら眠りから妨げられるからです。

糖質をたっぷり含んでいる飲み物もインスリンの過剰分泌を招くので、夜はちみつには適していません。ジュースや清涼飲料水、それから意外と糖質が多い牛乳やヨーグルトなどもはちみつと一緒に摂らないようにしましょう。

『人生を変える夜はちみつダイエット』47ページより引用

では、どうしたらいいのかというと、なめる、もしくは白湯に溶かして飲むのがおすすめの摂り方。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.