ビューティ情報『カフェイン摂り過ぎで下痢に。その原因とは?』

2019年5月3日 07:20

カフェイン摂り過ぎで下痢に。その原因とは?

胃腸を傷つける生活習慣は、食べ過ぎ・飲み過ぎだけではありません。日本人に多い消化管のがんを防ぐためにも、胃腸のケアは重要。予防医学医の奥田昌子さんが教える「胃腸を最速で強くする方法」を、毎日ひとつずつご紹介します。

胃腸の鍛え方
images via shutterstock
カフェインと、コーヒーの苦み成分であるクロロゲン酸には、胃の粘膜を刺激して胃酸の分泌を増やす性質があります。カフェインの摂りすぎは下痢を招く作用もあり、胃腸に優しい飲み物とはいえないようです。

ただ一概にそうと言い切れないのは、カフェインが体に与える影響は個人差が大きいから。じつは日本人を含むアジア人は、カフェインで不快な症状が起きやすいタイプの遺伝子を持つ人が半数に上ります。

それに対して欧米の白人は、カフェインが合わない人は少数派。欧州食品安全機関(EFSA)は「カフェイン摂取は1日に400ミリグラム未満、通常のコーヒーでいうと4~5杯までにするように」と提言していますが、これは基本的にカフェインに強い白人向けの数値です。

コーヒーは自分の体調と相談しながら飲むのがおすすめ。最近流行の高カカオチョコレートにもカフェインが入っているので、コーヒーが合わない人は気をつけましょう。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.