ビューティ情報『ストレスよりも胃潰瘍になる大きな原因とは?』

2019年5月7日 07:20

ストレスよりも胃潰瘍になる大きな原因とは?

胃腸を傷つける生活習慣は、食べ過ぎ・飲み過ぎだけではありません。日本人に多い消化管のがんを防ぐためにも、胃腸のケアは重要。予防医学医の奥田昌子さんが教える「胃腸を最速で強くする方法」を、毎日ひとつずつご紹介します。

胃薬を飲む女性
images via shutterstock
胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因は、ストレスだと思っている人が多いかもしれません。

しかし、もっとも大きな原因はピロリ菌感染と、痛み止めをはじめとする飲み薬の影響です。この2つが原因の98%を占め、ストレスは症状を悪化させるように働くようです。

飲み薬のなかで問題が起きやすいのは非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と呼ばれる次のグループ。

  • 風邪のときに飲む解熱鎮痛薬
  • 関節痛や腰痛に対する痛み止め
  • 血をサラサラにする薬などの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)
痛みは体の炎症によるもので、体を元の状態に戻そうとする免疫反応のひとつ。薬を飲んで炎症をおさえると、胃の粘液を守る力も低下して、胃が荒れやすくなってしまいます。

特に日本人は、痛み止めで胃潰瘍になりやすいという特徴があるとのこと。薬による胃潰瘍はピロリ菌による胃潰瘍とくらべて痛みが少なく、症状の進行に気付かないこともあります。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.