ビューティ情報『「げっぷ」「おなら」。家族にも嫌われない食事法』

2019年5月13日 07:20

「げっぷ」「おなら」。家族にも嫌われない食事法

胃腸を傷つける生活習慣は、食べ過ぎ・飲み過ぎだけではありません。日本人に多い消化管のがんを防ぐためにも、胃腸のケアは重要。予防医学医の奥田昌子さんが教える「胃腸を最速で強くする方法」を、毎日ひとつずつご紹介します。

頬張る女性
images via shutterstock
誰でも食事のときには、大なり小なり空気を飲み込んでいます。とくに食べるのが早い人、がつがつ食べる人は、食道・胃・腸に空気がたまり、げっぷが出る、お腹が張るなどの症状があらわれます。

これを防ぐ食べ方は、いくつかコツがあります。

  • とにかく早食いをしない。
  • スプーンやフォークを使うと料理をたくさん口に入れてしまうので、箸を使って少しずつ食べる。
  • 汁物をすするときは、音を立てないように静かに吸うと空気を飲み込みにくくなります。
  • あごを引いた姿勢を心がける。
食べ方だけではありません。げっぷやおならが増える、お腹が張るといった症状が出る「呑気症(どんきしょう)」は、「言いたいことを言えずに言葉を飲み込む」タイプの人がかかりやすいといわれています。

また、歯をかみしめるクセがある人も無意識に空気を飲み込みがちなため、同様の症状が出ることがあります。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.